今日は、またまた久しぶりの夕刻トレーニング。(^^♪
勤務終了後に宇治川へ。
大吉山にモスラ号で登った後下山すると、ちょうど日没。
「お日様を追っかけよう!」と考えて、天ヶ瀬ダムへ、そして天ヶ瀬森林公園へ。
沈んだお日様と何度も再会して満足して、帰路につきました。

本日の走行距離、約10km。(大吉山と天ヶ瀬森林公園登山を含む)


2005年3月16日(水)





職場からひた走って、宇治橋西詰着。



大吉山。
こうして下から見るととっても低そうに見えますが、頂上近くの展望台からはかなり高い位置から宇治市街を見るって感じです。



世界文化遺産の宇治上神社前通過。



大吉山(正式名称は仏徳山)登山開始!



大吉山展望台着。



夕陽に染まる宇治市街を眺めます。
下から見たら低く見える山なのに、展望台からはこんな雄大な風景が。



大吉山から下山。
間もなく日没。



源氏物語の像が、沈み行く夕陽に照らされています。



宇治川右岸から、塔の島へ。



自転車・歩行者専用橋・朝霧橋から夕陽に染まる宇治川右岸を望む。



雄大な宇治川。



義経ゆかりの「先陣の碑」着。



平等院宝物殿の向こうに日が沈みました。
お日様、今日の日はさよ〜なら〜。(^^)/~~~
そうだ!
今日こそ夕陽を追いかけて、またお日様と再会しよう!!
川の上流の方がここより標高が高いはず。
天ヶ瀬ダムを目指そう!



天ヶ瀬ダム着。
予想通り、夕陽に天ヶ瀬ダムが夕陽にまだ照らされていました。



お日様、見っけた!
でも、すぐに沈んでしまいました。(~_~)



更に追跡!
天ヶ瀬ダムの上まで上って来ました。
モスラ号は、ここでお留守番をします。



天ヶ瀬ダムをの上を対岸へ。



お日様、ほんの少しだけ見っつけた!



お日様発見!
でもやはり、すぐに沈んでしまいました。



更に追跡!
天ヶ瀬森林公園を目指そうっと。



天ヶ瀬森林公園へ上がる階段大汗を流しながら歩きます。



天ヶ瀬森林公園着。
お日様、またまた見っつけた!



天ヶ瀬森林公園からは、天ヶ瀬ダムがよく見えます。



この水は、琵琶湖から流れてきたものです。



お日様が、木の向こうに沈みます。



もう少しだけ追いかける余地がありました。
またまたお日様見っつけた!
お日様はきっと「しつこいなあ(@_@;)」と思っていることでしょうね。(^_^;)



お日様が完全に沈みました。
もう追いかけることは不可能。



あの飛行機雲が夕陽に照らされているってことは、あの雲の高さまで上がればお日様に再会可能ってことです。
でもあの雲の高さまで上がることは、私には物理的に不可能。
お日様との再会は、これにて終了!



天ヶ瀬森林公園を後にして、天ヶ瀬ダム湖まで下りてきました。



日が暮れた後の美しい空。



宇治川右岸沿いを北進。
対岸の美しいオレンジ灯を見ながら、の〜んびり走ります。
さて、家族が待つ家に帰ろうっと。


勤務終了後の夕刻・夜間トレーニング。
それは私にとっては、心身の疲れを癒すための最高の方法。
このようないい走り場所がなければ、私の夜間トレーニングの回数はもっと少なかっただろうなって思います。
京都府南部。
とっても素敵な、本当にいい所です。(#^.^#)


チャリ旅3へ戻る



inserted by FC2 system